スポーツ歯科

スポーツ歯科 ひの歯科クリニック HDC SPOTS DENTAL SUPPORT

スポーツ歯科とは

学校体育、生涯健康スポーツ、競技スポーツなどのすべてのアスリート・スポーツ愛好者の怪我の防止と運動能力向上を目指す新しい歯科の分野です。歯科を通じて適切なスポーツ活動の選択、助言、診査、管理、ケガの予防、また必要に応じて治療を行い、さらに専門的情報を提供することを目的とする新しい歯科医学です 。

石上恵一先生 (左) 東京歯科大学教授 (スポーツ歯学研究室主任)石上恵一先生 (左) 東京歯科大学教授 (スポーツ歯学研究室主任)

 

スポーツマウスガード(スポーツ用マウスピース)とは

ひの歯科クリニック マウスガードスポーツ時の口のケガ防止・外傷から歯を保護するために使用されるスポーツ用マウスピース(スポーツ用マウスガード)です。スポーツマウスガードを装着することで、スポーツ時の衝撃から口腔内の怪我 (歯の破折・裂傷・顎関節症)や頭の怪我(脳しんとう)を低減する効果があります。また、使用することで高い集中力を生み出す効果もありま す。

マウスガードの長所

●マウスガード装着が義務化されているスポーツ

アメリカンフットボールラグビーボクシングキックボクシング
ラクロスアイスホッケーインラインホッケー空手

●マウスガード装着が有効なスポーツ

サッカーバスケットボールバレーボールハンドボール
野球ソフトボールテニスバトミントン
スカッシュレスリング柔道相撲
ウェイトリフティングスノーボードスキースケート
水泳モータースポーツモトクロス自転車競技

 

スポーツマウスガード装着での効用

カスタムメイドのスポーツマウスガードを装着することによって次のような8つの効用があります。

IMG_1004

IMG_1021

IMG_0997

スポーツマウスマウスガード8つのメリット
①歯への衝撃緩和及び破折・摩耗・脱臼の防止
②口腔内の裂傷防止及び唇周辺の怪我防止
③歯の摩耗防止
④顎や顎関節の保護及び衝撃緩和
⑤脳への衝撃緩和及び脳震とう・頸部損傷の予防
⑥バランス感覚の向上
⑦集中力の向上
⑧歯による接触相手への怪我防止

 

「市販既成品」VS「スポーツ歯科医によるカスタムメイド品」の違い

『スポーツマウスガードはファッションではありません!』

『価格や見た目で市販既成品を使用するのは危険です!』

ひの歯科クリニック マウスガード

mg4pic224

●完全オーダーメイドのカスタムメイド・スポーツマウスガード

スポーツマウスガードには、スポーツ用品店やマウスガード製作業者さんなどで販売されている市販の既成品があります。これらの商品は、ずれたり・はずれたりする事だけでなく、最も重要なポイントである各個人に合わせた「咬み合わせ」が考慮されていません。「咬み合わせ」を考慮していないマウスガードは、歯の噛み合わせや顎の関節を悪くしてしまいます。
価格が安い・ファッショナブルだから等で、安易に市販の既成品を装着するのは危険です。一人ひとりの咬み合わせに対応した完全オーダーメイドの「カスタムメイド・スポーツマウスガード」は歯科医院でしか作成できません。口腔内のことはお口の専門家・歯科医師におまかせください。

 

『スポーツマウスガードはスポーツ歯科医がいる歯科医院で!』

『スポーツマウスガードは咬み合わせ認定医がいる歯科医院で!』

 

gs7_240198

biteye1

 

●マウスガード装着の咬合調整
(注意)マウスガードの調整(咬合検査)は歯科医師のみができる医行為です!

スポーツマウスガードで最も大切なことは、マウスガードの調整です。装着時に痛いところはないか、噛み合わせ具合におかしいところはないか、スポーツ歯科医がしっかりとチェックし調整してマウスガードを完成させます。ひの歯科クリニックでは、バランス検査・咬み合わせ検査の各データから更に科学的にマウスガードの微調整を行います。

●マウスガード使用の口腔衛生指導
(注意)マウスガード作製業者さんでは衛生指導や診査は違法行為です!

スポーツマウスガード使用で注意しなければならないポイントは「むし歯予防」です。プレー中のスポーツドリンク摂取などは、むし歯リスクが高くなります。マウスガードを使用するためには、作成前にむし歯治療を行ったり口腔衛生指導などが必要です。
※ひの歯科クリニックでは、マウスガード作成の初回時にむし歯予防のため歯科医院専用ガム POs-Ca F 一袋をお付けしています。むし歯予防のためマウスガード装着前にご使用ください。また装着時にはガムは必ず捨ててください。

 

スポーツマウスガード作成の流れ

ひの歯科クリニックでは、重心動揺計(グラビコーダGP-7)・咬み合わせ(バイトアイBE-Ⅰ)の機器での検査を行なった上で、スポーツ歯科医が個別データに適応させたカスタムメイドのスポーツマウスガードを作成します。福井県内の歯科開業医院で両機器を設置しているのは、ひの歯科クリニックのみです。
スポーツマウスガード作成の流れ

●マウスガード作成を迅速に専属の歯科技工士が常駐しています。
ひの歯科クリニックには、専属の歯科技工士が常駐しているのでマウスガードも短期間でお渡しすることができます。また「被せ物が取れた」「入歯が壊れた」 「差し歯が取れた」など、困ったトラブル時にも院内で製作することで迅速、柔軟に対応することができます。セラミックは、県内最高のセラミスト・塚田先生 (フジ・デンタルラボ)が担当しています。

ひの歯科クリニック 歯科技工士 / フジデンタルラボラトリー塚田先生

 

バランス検査(重心動揺計)・咬み合わせ検査(バイトアイ)の必要性

グラビコーダGP-7 重心動揺計 測定ひの歯科クリニックでは、一人ひとりの咬み合わせに適応させた「カスタムメイドのスポーツマウスガード」を作成するにあたって、重心バランスや咬み合わせを科学的に数値で可視化できるバランス検査(重心動揺計・グラビコーダGP-7)と咬み合わせ検査(バイトアイBE-Ⅰ)が必要だと考え、作成前の診査・診断に両検査を導入しています。また完成したマウスガードの調整が適切かチェックするためにバランス検査は、マウスガード装着した状態で再度検査を行います。

(重心動揺計・グラビコーダGP-7を使用してのバランス検査風景)

 

①体幹バランスを評価する(作成前とマウスガード装着)
スポーツをする上で能力を発揮するためには、適正な体幹バランスが重要です。自身の体幹バランスを知ることは身体向上に有効です。

『マウスガード装着し軽く噛み締めた状態でのバランス検査を行う理由』

人間は、口腔内に違和感を感じるとストレスを発生させ無意識に体のバランスに悪影響を与えます。そのため、ひの歯科クリニックではマウスガードを装着した状態で過度なストレスが体幹バランスに影響がないか、さらに作成したマウスガードが適切に調整できているか確認するために「重心動揺計・グラビコーダGP-7」を使用し重心動揺のチェックをしています。

重心動揺計でのバランス検査1

重心動揺計でのバランス検査2(左)マウスガード無 ・ (右)マウスガード有
●(左)マウスガード調整が適切に出来ているかデータで確認を行います
●(右)マウスガード装着で体幹バランスが向上しているのが確認できます

②咬み合わせ状態を可視化する
スポーツマウスガードを調整するためには、正確な咬み合わせ状態を把握することが必須だと考えています。しかし一般的な歯科医院では、噛み合わせの違和感を患者様の感覚で判断しているのが現状です。ひの歯科クリニックでは、歯の接触状態を可視化するために「歯接触分析装置・バイトアイBE-Ⅰ」を使用し咬み合わせのチェックをしています。歯の接触状態を可視化させることで、マウスガード調整がさらに向上しています。

歯接触分析装置 バイトアイ●歯の接触状態が数値で可視化されるため適切な咬み合わせ調整が行えます

 

スポーツマウスガードQ&A

Q.完成までの来院回数は?
A.2回のご来院です

ひの歯科クリニックで作成するスポーツマウスガードは、2回のご来院で10~14日ほどでお渡しすることができます。
1回目にバランス検査・咬み合わせ検査と歯の型を取り、2回目にバランス検査(MG装着)し完成したマウスガードをお渡しします。

Q.マウスガードの耐用寿命は?
A.最低1年に1回、または摩耗や痛み具合では半年に1回です

マウスガードは一度作れば一生使えるものではありません。スポーツ競技の種目や個人の咬み合わせによって1シーズンもたない場合もあります。半年に1回は咬み合わせの変化による不具合の確認や摩耗・破損を歯科クリニックでチェックすることをお勧めします。
特に成長期のお子様は、顎の大きさや歯並びが成長とともに変化するため、必ず2~3ヵ月に一度はチェックを受けてください。

 

スポーツマウスガード価格

ひの歯科クリニック マウスガードひの歯科クリニックのスポーツマウスガード価格は、少し高いと思われるかもしれません。しかし、ひの歯科クリニックでは、「スポーツ歯科医」が「バランス検査(重心動揺計・グラビコーダGP-7)」と「咬み合わせ検査(バイトアイBE-Ⅰ」)を行った上で、個別データに適応させたカスタムメイドのスポーツマウスガードを作成しています。是非、作成工程の違いをご判断しご検討ください。

マウスガード種類接触種類競技種類
1層タイプ非接触用スポーツ全般
2層タイプ通常接触用ボクシング・柔道・バスケットボール他
3層タイプ激しい接触用ラグビー・空手・キックボクシング・格闘技他
カスタムタイプセミプロ・プロ用ハイパフォーマンスを求める選手

●マウスガード作成費用(初回)

DSC_0708

DSC_0715

DSC_0721

DSC_0727

内訳スポーツマウスガード1層タイプ・2層タイプ
重心動揺計GS-7①バランス検査2回(作成前・MG装着)
バイトアイ②咬み合わせ検査
スポーツマウスガード③マウスガード本体
④マウスガードケース
POs-Ca F⑤歯科医院専用ガムPOs-Ca F 1袋

★キャンペーン中につき2層タイプも1層と同じ金額です!

成人¥16,200(税込)
高校生・大学生¥10,800(税込)
小学生・中学生¥8,100(税込)

POs-Ca F
※ひの歯科クリニックでは、マウスガード作成の初回時にむし歯予防のため歯科医院専用ガム POs-Ca F 一袋をお付けしています。むし歯予防のためマウスガード装着前にご使用ください。また装着時にはガムは必ず捨ててください。

●マウスガード作成費用(2回目以降)

(内訳)マウスガード・一層タイプ・2層タイプ
①バランス検査(MG着用) ②マウスガード本体

[成人]¥8,100(税込)
[高校生・大学生]¥6,480(税込)
[小学生・中学生]¥5,400(税込)

 

スポーツマウスガード作成実績

スポーツデンタルサポート(アスリートサポート)
ひの歯科クリニックではスポーツマウスガードの作成だけでなく、スポーツマウスガードを使用する競技団体及び個人へのスポーツデンタルサポート(アスリートサポート)活動を、練習・試合現場へ出向き積極的に行っています。
『スポーツデンタルサポート』(アスリートサポート)についてへ

[マウスガード&デンタルサポート]
●[フットサル]ASSIST FUTSALCLUB

[マウスガード作成実績のスポーツ種目]
●野球 ●ソフトボール ●バレーボール ●モトクロス(オートバイ)
●アーチェリー ●ボクシング ●格闘技

 

スポーツデンタルサポート(アスリートサポート)

『スポーツデンタルサポート』(アスリートサポート)についてへ
ひの歯科クリニック スポーツデンタルサポート
ひの歯科クリニックでは、北信越フットサル連盟の福井県代表チーム・「ASSIST FUTSALCLUB」(北信越Fリーグ所属)へのマウスガード・救急セットの提供をはじめ口腔ケア、負傷時の救急対応指導などスポーツデンタルサポートを行っています。

 

sample

『歯の突然のトラブル!こんな時どうしたら良いの?』

突然の歯の痛み、歯からの出血、つめ物・かぶせ物のハズレなど、診療時間外の困った急な歯のトラブルでお困りの時は「ひの歯科クリニック・歯の救急」にお気軽にお電話ください!
●ひの歯科クリニック・歯の救急 TEL080-6357-8099