マタニティ歯科

『出来る限り痛みを軽減する無痛治療を心がけています』

無痛治療3つのSTEP

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科マタニティ歯科とは、妊婦の患者様を対象とした女性のための歯科です。妊娠・出産を境に歯を悪くされる方がたくさんおられます。それはお腹の中だけでなく、お口の中にも大きな変化が起こっているからです。ひの歯科クリニックでは、マイナス1歳からはじめるむし歯予防「マタニティ歯科3つのポイント」として取り組み、お口のことで困っている妊婦の患者様が安心して不安がなく、リラックスして治療を受けていただけるように心がけています。

 

 

妊娠性歯肉炎(歯周病)に注意!

妊娠するとホルモンバランスの関係で、歯や歯茎の調子が悪くなる場合があり、これを「妊娠性歯肉炎」と言います。
妊娠性歯肉炎(歯周病)は、歯茎の腫れと歯茎からの出血が主な症状です。妊娠時の妊娠性歯肉炎(歯周病)は、早産や未熟児の原因にもなりえるため、〝歯茎の腫れや出血〟を出産するまでの我慢するのは危険です。

 

赤ちゃんにむし歯のない一生をプレゼントしませんか?

マタニティ歯科
[マタニティ歯科3つのポイント]

妊婦の患者様には、”妊娠前・妊娠中・出産後”の正しいデンタルケアが大切です。タイミングにあった正しいデンタルケアを知ることは、患者様と生まれてくるお子様の歯の健康を守ることになります。お口のことで困っている妊婦の患者様をマタニティ・デンタルケアでサポートします。

①[妊娠前]お腹の赤ちゃんのむし歯予防
マイナス1歳からのデンタルケア
②[妊娠中]お腹歯周病の予防・治療
流産・早産を予防するデンタルケア
③[出産後]お腹むし歯の予防・治療
赤ちゃんにむし歯を移さないデンタルケア

妊娠中におこるお口の変化

妊娠中はホルモンバランスやつわりなどの影響で口腔内が酸性になりやすく、虫歯の進行や酸蝕症の原因となります。また女性ホルモン増加により歯周炎が重症化すると、早産や低体重児出産の原因にもなります。従来、早産や低体重児出産の原因は喫煙・飲酒などとされていました、全身疾患と歯周炎との関連性について研究が進むにつれ、歯周炎が重要視されてきました。飲酒をする早産のリスクが3倍であるのに対して歯周炎は7倍にもなります。
妊婦の患者様には、思い当たることはありませんか?残念ながら妊娠中には使えないお薬があり、治療の制限が確かにあります。そのため妊婦の患者様、それぞれの状態に合わせた治療を一緒に話し合って決めていき、最適なデンタルケアを行っていきます。

妊娠したら歯の健康診断を受けましょう

妊娠中はお口の健康が悪化しやすいため、妊娠したら早めに歯科医院で歯の健康診断を受けましょう。また必ず妊娠していることを伝えてください。

妊娠中のデンタルケアが大事です
むし歯があるみたいだけど妊娠しているから歯医者で治療ができない
赤ちゃんに影響がないか不安で、ただでさえ避けがちな歯医者をさらに避けてしまう
ツワリがあるし、歯みがきがちゃんとできない
赤ちゃんにカルシウムを取られて歯が弱くなる
歯みがきをすると血が出てくる
歯ブラシが気持ち悪くて歯をしっかり磨けない
カラダがだるくて歯ミガキなんてしていられない
ホルモンバランスが変わることで「妊娠性歯肉炎」になりやすくなってしまう

『親知らず』の抜歯は妊娠前に

インプラント オペ

妊娠をすると生活習慣や口腔内環境の変化に伴って、親知 らずが虫歯や歯周病になりやすくなります。さらに進行もしやすくなるため、今まで大丈夫だった親知らずが妊娠中に痛くなってしまうということがよくありま す。しかし、妊娠中は手術や薬剤等の制限があるため、親知らずが痛くなってしまっても通常通りの治療が行えない場合があります。リスクの高い親知らずは、 妊娠前に抜歯しておくことがベストです。

 

▶︎“ 親知らず ” 歯科医院選びの重要ポイント!
 ①『口腔外科』があること。
 ②『歯科用CT完備』していること。
[最新歯科用CT・3DパノラマX線装置エクセラ完備]

●『親知らず』は抜歯のプロフェッショナル歯科口腔外科で。「歯科口腔外科」ページへ

歯科用CT

妊娠中の『歯ぎしり』悩みにナイトガード

妊娠初期期には、妊娠随伴睡眠障害による「歯ぎしり」で悩まれる妊婦の患者様で多くおられます。また妊娠によるホルモン変化で起こる精神的な不安定によるストレスも「歯ぎしり」を起こしやすくしています。

ナイトガード●「歯ぎしり」「食いしばり」によって起こる症状
「歯ぎしり」「食いしばり」は歯を失う原因にもなり、歯や顎に大きなダメージを与えます。歯ぎしりが強いと歯や歯ぐき、顎の関節に大きな負担をかけ、歯の痛みや知覚過敏、歯の揺れ、顎の違和感、偏頭痛が出ることがあります。

●睡眠中の「歯ぎしり」「食いしばり」での歯へのダメージを防止する効果を発揮するのがナイトガード(マウスピース)です。
睡眠中の「歯ぎしり」「食いしばり」での歯へのダメージを防止する効果を発揮するのがナイトガード(マウスピース)です。
ナイトガード(マウスピース)とは

赤ちゃんと妊婦さんをむし歯から守るために

マイナス1歳からはじめるむし歯予防 仲井雪絵
「マイナス1歳からはじめるむし歯予防」
妊婦の患者様へプレゼント!

ひの歯科クリニックでは、”妊娠前・妊娠中・出産後”の正しいデンタルケアを学んで頂きたいと思う気持ちから、妊婦の患者様に「マイナス1歳からはじめるむし歯予防」(仲井雪絵著)の本をプレゼントしています。「マイナス1歳からはじめるむし歯予防」を知り実践することは、将来の子どもたちの健康を守ることにつながります。私たちは、これから結婚や出産をする女性やそのご家族にできるだけ早くお知らせして、妊婦の患者様が安心して出産して頂けるように、デンタルケアを通してお口の健康を支援いたします。
●むし歯菌検査(だ液検査)で何がわかるのか
●新しい予防コンセプト『マイナス1歳からはじめるむし歯予防』に取り組むことで、どんな良いことがあるか
sample

『歯の突然のトラブル!こんな時どうしたら良いの?』

突然の歯の痛み、歯からの出血、つめ物・かぶせ物のハズレなど、診療時間外の困った急な歯のトラブルでお困りの時は「ひの歯科クリニック・歯の救急」にお気軽にお電話ください!
●ひの歯科クリニック・歯の救急 TEL080-6357-8099