予防歯科

『出来る限り痛みを軽減する無痛治療を心がけています』

無痛治療3つのSTEP

 

予防歯科とは

予防歯科 歯みがき講習予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防いで歯や口を健康に保つ治療です。歯周病は自覚症状がないため治療が遅れて症状が進行します。むし歯や歯周病になってからや歯を失う前に予防することが大切です。
歯とお口の健康を守るためには、毎日実践するセルフケアと歯科クリニックでの定期的なプロケアの両方が大切です。

 

 

 

 

 

むし歯や歯周病を防ぐための予防歯科

むし歯や歯周病にならないためには、予防歯科で定期的な検診を受け、むし歯や歯周病の原因をなくすことです。予防のメリットは、むし歯や歯周病にかからないようにするだけではありません。診療にかかる時間や費用も少なくてすみ、治療の際の痛みもないのです。
予防歯科では、普段の歯みがきだけでは取りきれない歯こう(プラーク)やむし歯菌のかたまり(バイオフィルム)を、歯科衛生士が専用の機械で取り除いていきます。

予防歯科は「プロケア」と「セルフケア」の両方がポイント

●「プロケア」と「セルフケア」で歯とお口の健康を守る

歯とお口の健康を積極的に守るためには、歯科クリニックでの「プロフェッショナルケア」と歯科医師の指導に基づいた毎日の「セルフケア」の両方の実践と歯科クリニックでの定期的な検診が大切です。

予防の3つのポイント

①歯垢を残さない
歯の隙間や表面に残る歯垢はお口のトラブルの原因になります。歯ブラシだけでなくフロスや歯間ブラシでしっかり落とすことが必要です。
②細菌を増やさない
むし歯の原因菌を歯ブラシでしっかり殺菌し菌の増殖を抑えます。
③フッ素を口の中に残す
フッ素は歯の再石灰化を促す成分です。フッ素配合のハミガキを使用して歯磨きしましょう。

 

ひの歯科クリニックが行う予防歯科

初期段階のむし歯は、自覚症状がほとんどありません。予防歯科で定期検診を受けることで、鏡で見ただけでは気づかないようなむし歯を発見でき、早期に治療することができます。また、ご自宅でのブラッシングでは、どうしても磨きにくいところができてしまい、徐々に汚れがたまってしまいます。
予防歯科の専門的なクリーニングで定期的に汚れを一掃し、お口の中を清潔に保ちましょう。期間としては、2ヶ月に1回が理想ですが、お口の状態や生活習慣にあわせてご提案いたします。

PMTC
毎日のブラッシングでは落としきれない汚れやステイン(着色)を、専用の機器を使って落とします。むし歯を予防する効果があるだけでなく、見た目もきれいになり、口臭も予防できます。
フッ素塗布
むし歯を予防する効果があるフッ素を、直接歯に塗ります。フッ素液をしみこませた綿で歯に塗るだけの、痛みのない簡単な処置です。
ブラッシング指導
歯のプラーク(歯垢)を薬剤で染めだして、キレイに磨けているところ、もう少し気をつけたい場所などをチェックし、歯科衛生士が正しいブラッシングを指導いたします。

 

歯の予防定期検診

歯とお口の健康のため歯の定期検診を行いましょう。

定期検診3ヶ月~6ヶ月に1回を目安に。
口の中の検査むし歯や歯周病がないか、歯石歯垢がないかなど、プラークコントロールが出来ているかを調べます。
歯石・歯垢取り普段の歯磨きでは取ることの出来ない歯石・歯垢を除去します。
フッ素塗布状況に応じてフッ素を塗布してむし歯の予防を行います。
衛生指導現状のお口の状況の説明と状況に応じたプラークコントロールの方法を指導します。

 

 

sample

『歯の突然のトラブル!こんな時どうしたら良いの?』

突然の歯の痛み、歯からの出血、つめ物・かぶせ物のハズレなど、診療時間外の困った急な歯のトラブルでお困りの時は「ひの歯科クリニック・歯の救急」にお気軽にお電話ください!
●ひの歯科クリニック・歯の救急 TEL080-6357-8099